大阪でおすすめの外壁塗装業者を口コミを含む比較ランキング形式でご紹介【住宅塗装・屋根リフォームに評判!】

水性と油性(弱溶剤・溶剤)の違いとは?

公開日:2019/08/21  最終更新日:2019/10/25


実は、アクリル、ウレタン、シリコン、ラジカル、フッ素のどの塗料も水性と油性に分けられます。

さらに細かく分類するなら、塗料は水性と弱溶剤と溶剤に分かれ、そしてこの3つの各パターンに1液型と2液型というものが存在します。

塗料は粘度が高く、そのままの状態で塗るのは困難なので、希釈して塗りやすい状態にしなければなりません。

塗料が水性か油性かは「どんな溶媒を使用して、塗料を薄めるか」という違いで決まります。

もちろんそれぞれにメリット・デメリットがあるので、それらを比較し総合的に判断することが大切です。

①水性

水性は文字通り、水で薄めます。

弱溶剤と溶剤に比べると耐久性は劣ってしまいますが、臭いが少なく人体や環境にも優しいのが特長です。

②弱溶剤

弱溶剤は、塗料用シンナーで薄めます。

溶剤より多少劣りますが耐久性が高いのがメリットです。

塗料専用の弱めのシンナーを利用するため臭いは若干弱いものの、使用中は刺激臭がします

③溶剤

溶剤はアクリルシンナー、ラッカーシンナーなどの強力なシンナーを使って薄めます。

耐久性が非常に高いのがメリットですが、臭いが強く、人体や環境への負荷を考えるとあまり好ましくないと言えます。

1液型と2液型

1液型と2液型とは、使用する塗料が「1つの缶の中の液体で塗料としての役割が完結するのか、2つの異なる液体を混合し塗料として使用するか」という違いです。

1液型のメリットは、価格が安く、適切な保管をすれば別日に再度利用できることです。

逆にデメリットは、耐久性が低く、保管が難しいことなどが挙げられます。

2液型は耐久性に優れ、塗る場所をあまり選ばないことがメリットです。

反対に、価格が高く、混合・攪拌(かくはん)に手間がかかることなどがデメリットとして挙げられます。

おすすめ関連記事