大阪でおすすめの外壁塗装業者を口コミを含む比較ランキング形式でご紹介【住宅塗装・屋根リフォームに評判!】

大阪で外壁塗装がおすすめの時期はいつ?

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/08/30

大阪で外壁塗装する場合、一見して季節は関係ないように感じるかもしれませんが、事前に季節や時期などを調べてから申し込みをするのがよいでしょう。そもそもなぜ季節や時期が関係あるのでしょうか。

春先に外壁塗装をするのがよいと言われている理由

外壁塗装する場合には、春先がよいとも言われています。これにはしっかりとした理由があり一番は気候が安定しているからです。通常外壁の塗装する場合、外でおこないますので雨は大敵になります。雨が降る場合でも小雨程度ならばそのまま塗り続けることはできるかもしれません。

しかしながら、それ以上に雨が降ってしまうと作業を継続することが難しくなり、途中で中断せざるをえなくなるでしょう。これが何日か繰り返されると、結果的に仕上がりが遅くなってしまう可能性が高いです。仕上がりが遅くなってしまう場合の問題点としては二つ考えられます。

一つ目は、日陰の状態が続くことです。通常外壁の塗装する場合には、ネットを張りますが、その分日当たりが悪くなってしまうことが考えられるでしょう。また、住人としてもプライバシーなどを気にする人も少なくありません。

さらには、足場が設置された状態だと泥棒が部屋の中に入ってきやすくなる傾向も考えられます。戸締りをしっかりすることは当然ですが、日程が延びれば延びるほど住人の緊張した時期が長くなってしまうでしょう。

もう一つは、近所に対して事前にいつまでに工事を終わらせるか説明をしているはずです。おおむね外壁の塗装する場合に2週間を目安にしていることが多いですが、天気が不安定な状態だと3週間かかるようなことも考えられます。

場合によっては近所から苦情がくる恐れもあるため、注意しなければならないでしょう。この点、春に関しては、雨も少なく気候が安定しているためめったなことで人気をするようなことはありません。予定通りにもらすことができれば、上記のような問題を発生させずに済ませることが可能です。

一方で、秋に関しても同じことがいえる可能性があります。秋に関しても、気候がよいときが多く比較的早い段階で塗装を得ることができるようになるでしょう。このように、可能ならば春と秋の季節を選び申し込みする必要があります。

ただ、申し込みをする場合の注意点としては、気候の良いときに外壁を塗装しようと考える人が多く、そのときは予約が殺到する可能性があります。そのため、春と秋に外壁塗装をおこないたい場合にはあらかじめ早めに予約をしておくことが重要になるでしょう。2カ月ぐらい前に予約をしておけば、たいてい予約をとることは可能になります。

気温が安定しているならば冬や夏でもよい

外壁の塗装するときに重要なのは、天候だけでなく気温も関係あります。気温は、冬場は寒く夏場は暑いのが日本の気候の特徴ですがどちらも両極端は外壁を塗装するうえで良くないとされています。

まず、夏場に関してみてみると気温が35度以上ある場合には塗装をする場合でも塗料が柔らかくなってしまう傾向があります。そうすると、ハケで塗った場合でも薄くしか塗ることができません。これは、絵の具で絵を描く場合をイメージしたがわかりやすいです。絵の具を水で溶きすぎると薄くなってしまいますが、当然それを紙に塗ると薄い色しか出ません。

これは、色が広がってしまうからです。これを濃くしようとするならば、何度も塗らなければならないでしょう。逆に、絵の具をあまり水で溶かないと絵の具自体が濃くなりぱっちりときれいな色を出すことができます。このように考えれば、夏場のようにあまり気温が上がってしまうのは問題といえるでしょう。

逆に、冬場の場合も今度は塗料が溶けにくいことが問題になります。特に、気温が5度を下回っている場合には塗料は溶けにくくなり、塗装するときにかなり厚みができてしまう可能性があります。そうすると、たくさんの塗料を使わなければならず請求金額が高くなるか、業者側が大きく損をしてしまう可能性があります。

このように、機構によっても外壁用塗装しやすい時期としにくい時期があるわけです。ただ、必ず冬と夏が悪いわけではありません。なぜなら、冬場と夏場でもそこまで気温が上昇をないしは下降しない時期があるからです。つくば市ならば、最近は冬場でも温暖化により5度以下に下がらない時期もあります。

同じふうでも1月の気温と12月の初期のころの気温では随分と違いがあることが理解できるでしょう。つくば市の1月の気温は氷点下になることもありますが、12月の初期のころの気温の場合は氷点下になることはあまりなく、ほとんどの場合外壁を塗装する昼間の段階で15度以上はあるでしょう。そうだと考えれば、あえて冬場のはじめのころを選ぶことも考えられます。

夏場に関しては、気温が30度を超えるのは7月中旬からが多くなります。梅雨の時期が重なりますので多少ある程度延期することはあるかもしれませんが、塗料のことを考えれば6月から7月ぐらいにかけて逃走をしてもそれほど悪くはないはずです。

キャンペーンなども考慮しておこう

これから外壁塗装するならば、事前にキャンペーンの時期も考慮しておく必要があります。外壁塗装しやすい期間はたしかに春から秋になりますが、必ずしも冬と夏が外壁塗装しにくいかといえばそうとも言い切れないことがわかったはずです。業者としては、毎月一定の収益になるように春と秋以外にも夏場や冬場にも塗装を試みることがあります。

ただ、お客さんの方も事前に情報を得て春と秋を選ぶ傾向があるため冬場と夏場はあまり仕事がない可能性が高いです。そこで業者は、冬や夏の前あたりにキャンペーン期間を設けて、その時期に申し込みをすれば安く塗装してくれるといった内容を多くの人に伝えます。

この期間に外壁塗装をすれば、通常よりも安く塗装することができるわけです。もちろん、多少延期する時間が長くなる可能性はあるものの、満足できる仕上がりになるのは間違いありません。細かいことを気にしなければ、キャンペーン期間を上手に利用して塗装をするのもおすすめです。

ただ、どの業者がいつキャンペーンをおこなうかは明確ではありません。これを知るためには、事前にホームページなどで確認をしておく必要があります。毎日確認する必要ありませんが、1週間に一度ぐらい業者のホームページを見ておきキャンペーンがスタートするときに申し込みをすれば金銭的な負担が少なくなる傾向があるでしょう。

とはいえ、いくら安くなるといっても半額などになることはありません。客に半額ぐらいになるような業者の場合には、何かと問題があると考えておいたほうがよいです。安くなる場合でも1割引程度になります。

1割引程度ならば、たいしたことがないと感じるかもしれませんが、外壁塗装するときの費用はおよそ80万円から100万円ぐらいになるでしょう。それを考えれば、比較的割引率も高くなることが理解できます。

 

一般に、大阪で外壁塗装する場合には春と秋がよいとされています。それぞれ、雨が降りにくく気候がよいからです。逆に雨が降りやすいときは延期を繰り返すことになり期限までに仕上がらないことが考えられるでしょう。

一方で、冬場と夏場は気温が極端に低いか極端に高いかのどちらかで塗料に影響を与えてしまいがちです。塗料に影響を与えるとは、気温が低くなりすぎると塗料が固まってしまいなかなか薄く塗ることができないため費用がかかり過ぎてしまう可能性が高まります。

夏場の場合には塗料が柔らかくなりすぎてしまい、重ね塗りを何度もしなければならないことが考えられます。このように考えるならば、それ以外の季節がよいですがキャンペーンなどもおこなわれていますのでそれらも考慮して塗装のタイミングを選ぶことが重要です。

おすすめ関連記事